2005年5月31日

Googleデスクトップ検索とcidaemon.exe

 Googleデスクトップ検索をインストールした。

 PC内部のファイルをGoogleチックに全文検索できてしまうスグレモノである。ベータ版時代から存在は知っていたのだが、正式版が出て何日か経ったら入れようと思っていた。何日か間を置いたのは、もし問題があれば何日かで話題になるだろうと思ったからだ。

 コレは便利である。ファイルの整理をサボっても何とかなってしまう。

 もともと超整理法を実践しているのでろくに整理もしていなかった。万が一見失ったらエクスプローラーから例の犬の検索をかけていた。

 ちょっと気になっているのはドライブのプロパティで出てくる「このディスクにインデックスを付け、ファイル検索を速くする」というチェックボックス。これってエクスプローラーからの例の犬の検索が速くなるんでしょうか。そう思ってチェックボックスを入れてたんですが、Googleデスクトップ検索のインストールに伴い、外した。

 あれのカタログって、何時何処に作るんでしょうね。ググったけど分からなかった。

 そのほかに、「コンピュータの管理」の中の「サービスとアプリケーション」の中に「インデックス サービス」というのもある。昔のIISの Index Service の流れを汲むものだと思うが、例の犬の検索との関連性が分からない。実は最近まで同じものだと思っていたが、多分違うものだと思う。が、詳細は良く分からない。

 その「インデックス サービス」も全くもって使ってない。使ってないのに cidaemon.exe とか cisvc.exe とかを動かしていて勿体無かった。(例の犬の検索で使われると思って止めてなかった)。これも止めたので、夜中に突然ゴリゴリ言い出して重くなる現象とオサラバできてちょっぴり快適。

 Becky!の中を検索できない!って思ったけど、プラグインをMisc. about Computer Science - Becky plugin for Google Desktop Searchに見つけた。これからインストールしてる。

 いろいろ快適になったついでに、コレ↓

驚速2006 パソコン 説明扉付きスリムパッケージ版

を入れて、余計な動作を止めてさらに快適にしてみようかな。

Posted by rukihena at 23:22:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月30日

マーガリン事情

 昨日の食パンネタで思い出した。各御家庭のマーガリンには様々な文化があるという。

 まず、ウチのマーガリン事情から紹介したいと思う。

 初期状態のマーガリンにある、フタの下にあるアルミあるいは紙(←なんて言うの?)。これは半開けにして、完全には除去しない。半分ほど消費した後、完全除去する。昔は1/3ぐらいまで(2/3消費するぐらいまで)除去していなかったが、最近は半分ぐらいで捨てている。

 マーガリンは端からすくっていく。常にナイアガラの滝のような断面を維持しながら、滝の激流が地面を削って後退していくかのように消費していく。

 これが普通だと思っていたのだが、そうでもないようだ。ある家庭では、無造作に真ん中からほじくっている。もちろん、アルミあるいは紙(←なんて言うの?)は開封と同時に捨てられている。

 マーガリンの横を見ると、マーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)は清潔なものをお使いくださいとか毎回洗えとか書いてある。しかし、ウチは入れっぱなし。フタにそれ用の切り欠きがあるじゃん。

 アルミあるいは紙(←なんて言うの?)を捨てるタイミング、マーガリンの消費順、マーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)を入れっぱなしにするか? などで様々な文化がある。

 昨日書いた、「マーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)を洗う手間」というのは、マーガリン入れに2本のマーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)を入れておく状態はいかがのものかと思うので、1本は洗うことになるだろう、ということろから来ている。

Posted by rukihena at 02:43:39 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2005年5月29日

食パンを効率的に食べる

 ネタ切れの際に書こうと思っていたネタ。ボクが食パンを食べる際の流れを紹介する。

 まず、オーブントースターのタイマーを10分ぐらいまで捻って予熱開始。冷えた状態から焼くと、水分が飛んでパサパサになってしまう。

 それから食パンやらマーガリンやら飲み物やらを取り出す。予熱時間も無駄に出来ない。

 温まったオーブントースターに食パンを投入し、タイマーを適正時間に設定する。うちのトースターの場合は3分である。4分以下に設定する場合は5分以上まで捻ってから戻すこと、と書いてあるので律儀に守っている。

 焼いている間、2枚目の食パンにマーガリンを塗る。やわらかい食パンだと苦労するが、冷凍した食パンだと楽々塗れる。時間があれば砂糖をかけてシュガートースト化するのも良い。

 1枚目完成とともに2枚目を焼き始める。トースターの種類によっては、1枚目にマーガリンを塗り終わってから焼き始めたほうが良いかもしれない。

 1枚目を食べ終わる頃に2枚目完成。食欲があれば3枚目を焼き始める。

 これは夜食を一人で食べる場合のパターン。2人で食べる際は複雑化する。

 トースターは2枚焼くことが出来るので、2枚同時に焼き始めがちだ。すると2枚同時に焼きあがる。2枚同時にマーガリンを塗りたいが、マーガリンは1つなのでリソースの衝突が発生し、1本のスレッドが待たされることになる。マルチCPUなのに片方のCPUが待たされるのだ! そしてその間にも食パンがパサパサになっていく!!

 改善策として焼き始めをマーガリン塗布時間だけずらすという策が考えられる。その後、ずらしっぱなしで処理していくとリソースの衝突も回避できてスムーズに進む。しかし、言うは易く行なうは難し。実践できたことは無い。

 初期投資コストがかかるが、マーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)をもう一本購入するという手もある。マーガリンをすくう際にリソース競合が発生するが、ごく短時間なので処理時間に与えるインパクトは少ない。ただ、マーガリンを塗る器具(←なんて言うの?)を洗う手間というランニングコストも発生するのでコストと利便性のバランスを考えると難しいところだ。

Posted by rukihena at 23:14:04 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月28日

低床ステップワゴン(3代目)

 ステップワゴンがフルモデルチェンジした。

 2代目はキープコンセプトだったが、3代目は大変更。最近のホンダお得意の低床で勝負してきた。そういえばオデッセイも同じく2代目:キープコンセプト、3代目:低床だ。

 欲しいけど、立体駐車場に入らないので却下だが、もうちょっと郊外に住んでたら買うかな。でもフィットに10年乗るつもりだし、それで全然困ってないのでやっぱ買えない。

Posted by rukihena at 23:18:06 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月27日

続・webページプリント

 EPSONのプリンタを買ったときに、Web-To-Pageの話を書いた。今回、Dellのプリンタを買ったら、他社製プリンタなので使えない。何とかならないものか、と思って何とかして見た。

 まず、プリンタがEPSON製であると思わせればよいだろうと考えた。レジストリを適当にいじってみたところ、プリンタドライバ名の先頭をEPSONにすればよいらしい。具体的には以下のように変更する。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\Dell Laser Printer 1700n

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\EPSON Dell Laser Printer 1700n


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\Printer Driver

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n"


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\DsSpooler\driverName

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n

 この例は Dell 1700n の場合なので、実践する場合は適宜読み替えていただきたい。


 本格的にやるなら、EPSONチェックしている部分の分岐命令を無条件分岐に変えてしまうのがいいだろう。若ければやったかもしれないが、もう年なのでやらない。

 ところで、こういったベンダーチェックを見ると、昔 NECがEPSONの98互換機対策でプロテクトを掛け、それに対抗してEPSONがプロテクト解除ツールを配布していたことを思い出す。

 お約束だが、レジストリ変更は危険を伴う。自己責任で行うこと。また、Web-To-Pageはhttp://www.i-love-epson.co.jp/download2/readme/1.00/10642.htmlによると

【ご使用条件】

   エプソンプリンタをご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアを
   ご使用いただけます。

ということなので、そうしましょう。

Posted by rukihena at 19:33:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月26日

クレジットカードとガソリン

 ガソリンはセルフで入れる。そしてクレジットカード払い。最近はスピードパスも使っている。新青梅街道沿いでは殆どが118円の表示の中、1店だけ116円の看板を掲げているGSがある。そしてスピードパスで払うと2円引きの表示なのだが、実際には5円引きで111円だったりする。ガソリン価格はナゾが多い。

 ところで、クレジットカードでガソリンを買うという行為もナゾである。クレジットカードの約款を読むと、ボクが買った商品は、その支払いを終えるまでは所有権がクレジットカード会社にあると書かれている。

 いわば、カード会社から商品(=ガソリン)を借りている状態な訳だが、ガソリンの場合は借りていきなり燃やしてしまう。いいのかよそれ。期限の利益喪失ということで、すぐ払えゴラァとか言われたりして。

 でも、まあ、カードで買えるってコトは、カード会社がカードで購入していいよ、って言っているようなものだから、問題ないんだろうな。

Posted by rukihena at 23:18:31 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月25日

sftpのログって残らないの?

 ふと気付いたのだが、sftpでアクセスされたログが残らない。

 某FTP鯖のユーザから「なんか遅いぞゴラァ」と言われて調査したがログが無い。しかし、なにか通信している様子。tcpdumpで調べたら Port 22 (SSH) を使用しまくり。どうも sftp のトラフィックらしい。

 最初、proftpd の設定でいけると思った。それでその設定を変えて、sftp してみた。しかし、ログが出ない。色々調べていたら、sftpはOpenSSHのオマケのsftp-serverが実現している機能なので、proftpdは関係ないようだ。今更そんなことに気付いた。

 だが、sftp-serverが作られてから5年は経っていると思うので、ログ機能とか細かいアクセス制御機能とか無いのか!?と思って調べたが、無いようだ。どうも、sftpを使う/使わない、という設定以外を見つけられない。

 インターネットの暗号化って実に中途半端である。HTTPはHTTPSが普及しているので、まあ、いい。しかし、メールもFTPも、平文垂れ流しだ。

 なぜそのような状況で放置されているのか。ボクはIPv6が原因であると考えている。

 インターネットの明日を引っ張る先進的な人たちは、暗号化はHTTPSのようにレイヤ4以上(アプリ)でやるものではなく、レイヤ3以下(通信路)でやるべき、と考えているようだ。ということで、IPv6では通信路で暗号化するのが普通。すると、アプリは通信路の暗号化のことを考えずに済む。スバラシイ理論である。

 しかし、IPv6元年と言われたのが2001年か2002年あたりである。それなのにいつまでたっても普及しない。それなのにアプリ側での暗号化は放置されっぱなし。それが現状なんだと思う。

Posted by rukihena at 19:09:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月24日

現金引き出し無料銀行

 月末は銀行ATMが混んでいてイライラする。

 できるだけ25日〜末日はATMに行かないようにしている。振込みなどはネットバンクなので、現金が必要な場合しかATMは使わない。

 最近は秋葉原でPCの部品とか買ったりしないので、本当に現金の使用頻度が減った。2万円もあれば1ヶ月過ごせてしまう。マトモな電器製品ならヨドバシとかでデビット払いだし、電器製品以外の高い買い物はあまりしないし、してもクレジットカードだし。ガソリンはスピードパスだし。妻にいたっては食料品もマックスバリュでイオンカードである。自社網の中だけで認証するらしく、CATの反応が早いし、サインレスでラクラク。

 それでも現金は必ず必要なので、月1回ぐらいはATMのお世話にならなければならない。どうにか行動範囲の「ついで」で降ろせるところは無いかと思っている。

 最近気付いたのだが、東京スター銀行のATMは、他銀行のカードでも手数料が無料だ。むむ、これは!と思って検索してみたが、行動範囲の中に無かった。近所を調べてみると、西友での設置率が高い。しかし、西友系であるはずの田無リビンには無い。まあ、田無駅前なら普通に銀行に行けばいいか。土日に行くことの多い「ザ・モールみずほ」には設置してある。しかし、日曜は有料、土曜も14時から有料で、昼に起きるボクらには使いにくい。

 西友に買い物に行く機会の多い主婦がちょっと生活費を引き出す、という使い方だと非常に便利だと思う。近所のマックスバリュにも是非設置して欲しい〜! と思った。

Posted by rukihena at 23:20:34 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月23日

4人家族での車の席次

 軽井沢ネタで引っ張ります。

 表題の話の前に、前々回のタイトル、「鉄婚式で軽井沢」について。読み返してから、他人事のようなタイトルだなと思った。「軽井沢で鉄婚式」の方が微妙に積極性があるような気がする。あまりピンとこないかな?

 これが「結婚式」だと理解しやすいかと思う。「結婚式で軽井沢」だと、「知人の結婚式で軽井沢に呼ばれちゃったので行かなきゃなぁ」というニュアンスになると思う。「軽井沢で結婚式」だと、「私達、軽井沢で結婚式を挙げます」というニュアンスなんじゃないかと。


 表題の話。

 3〜4歳以下のコドモ2人を車の何処に乗せるか、というのは難しい問題だと思う。チャイルドシートの説明書には「エアバッグのある席に乗せないこと」とある。最近の車は殆どが助手席にもエアバッグがあるため、ここには乗せられない。すると2人とも後ろ、ということになるが、何も出来ないコドモを後ろに置くのはどうかと思う。

 仕方ないので一人は助手席に座らせていた。クルマの説明書では、「止むを得ず助手席に座らせる場合は、シートを一番後ろに下げろ」とある。それに従ってみた。ちなみにアメリカでは、このようなケースに備えて、助手席エアバッグキャンセルスイッチが義務付けられている。極東の島国にはこのような規制が無い。

 コドモが成長したと思われるので、今回初めて、コドモを2人とも後ろに乗せてみた。4歳になったばかりの娘と、もうすぐ3歳になる息子。合計6時間に及ぶドライブだったが、特に問題なくドライブできたし、楽しそうにしていた。

 だんだん楽になる。シートベルトを自分で出来るようになると、もっとラクなんだが、いつになることやら。

Posted by rukihena at 18:43:01 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月22日

ETC 通勤割引・早朝夜間割引

 昨日の軽井沢日帰りであるが、ETCの割引を最大限に活用した。

 帰り道、碓氷軽井沢ICに乗ったのは20時前だった。これは通勤割引が適用できる時間である。しかし、そのまま漫然と練馬(新座本線料金所)まで行くと131.1kmとなり、100km超なので適用外になる。そこで、100km以内となる東松山で一度降りる。これで通勤割引が適用される。名称の印象から平日のみと思いがちだが、土日も適用される。

 さらに、新座料金所を通過したのは22時を過ぎていた。これで早朝夜間割引が適用される。こっちは実は狙ったわけではなく、たまたま適用されていた。ETCゲートをくぐったときに車載機の音声案内で「700円利用しました」って言われて、「川越からより安いのはナゼ?」って思ってから気付いた。

 通勤割引も早朝夜間割引もそれぞれ半額である。実際には端数処理で半額よりちょっと高いが、それでも大幅な割引である。

 そろそろあなたもETCいかが?

 常時電源とACCをつなげるだけなので、DIYできる方は通販で買って自分で取り付けるのがお得かと思う。カー用品店だと車載機本体価格の他に「セットアップ料」と「取り付け料」がかかる。これら2つの項目は別物で、「セットアップ料」とは車載機にクルマの情報(普通車・大型車 とか、ナンバーとか)を書き込む作業のことを指す。カー用品店だと、だいたい3000円が相場。「取り付け料」は、まんま取り付け料。これも3000円ぐらいか。通販で買うときは「セットアップ込み」を選ばなければならないことに注意する。(込みでなければ、近所のカー用品店かディーラーで有料でやってもらうことになってしまう)

 ボクはこうゆうの↓

【三菱電機】ETC車載器 EP-423 セットアップ込み!

 を買って、自分でつけた。アンテナもスピーカーも分離タイプなので、本体を見えないところに隠すことが出来る。

 ETCを使うにはETCカードが必要である。いま持っているクレジットカードに無料で付けられるなら、それを申し込むことをオススメする。たまに年525円とかかかるのもある。その場合は、別のクレジットカードを作ってしまったほうがいい。車に乗る人なら出光まいどプラスなんかはいかがだろうか。本カードもETCカードも、年会費無料なのでオススメ。

Posted by rukihena at 23:03:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月21日

鉄婚式で軽井沢

 最近、夫婦の会話が少ない。妻がブログに「結婚記念日に子供を連れて軽井沢に行ってみたいな」と書いてた。

 軽井沢って高速が出来て2時間で着いてしまうようなイメージがあるが、それは川越ICに近い実家からの話だ。今の自宅からだと2時間半ぐらいかな。大泉ICまで結構かかってゲンナリしてしまうことが多い。

 なのに気軽に10時ごろ出発して、軽井沢駅付近に12時過ぎに着いて、思わず軽井沢・プリンスショッピングプラザに入ってしまう。そして意味も無く全通路を制覇し、疲れた状態でダラダラと食事をし、夕方になる。観光地の夜は早い。18時までが勝負だ。なのでもう何も出来なくなる。

 今日のマイルストーンに設定したイベントは、結婚式場となった軽井沢白樺高原教会をコドモに見せる、ということだったので、そのフラグを立てに行った。有料道路沿いだが、ナビを見ながら頑張れば料金所を避けて到達することが出来る。で、着いた、と思ったらコドモは寝てた。が、話しかけると起きた。フラグ立て完了。

 帰り、横川SAで峠の釜めしを食べようと思っていたが、ちょうど売店を閉めているところだった。ここは20時までに行かなければならない。そうすると渋滞回避のための時間差攻撃との兼ね合いでなかなか難しいものがある。なのでいつも閉まっているイメージがある。

 なんだか、いつもと同じパターンだ。

 失敗から学ぶ姿勢がない。自分に負けている気がする。来年はより充実した旅にしたいと思った鉄婚式(の前日)でした。

Posted by rukihena at 23:45:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月20日

新青梅街道拡幅のナゾ

 2003年12月に、「多摩北部地域の幹線道路検討会報告書」についてという文章が都の都市計画局から発表された。要約した地図が多摩北部地域の幹線道路の検討路線及び見直し区間にある。新五日市街道の整備には時間がかかるから、既存の新青梅街道を拡幅して対応する、というもの。

 なんかコレ変だなぁと思った。

 新五日市街道の代わりなら、もっと23区寄りを先に拡幅すべきで、郊外方面だけ拡幅するというのは理屈に整合性が無い。理屈どおりにするなら、主要交差点付近を拡幅して右折車線に余裕を持たせるべきだろう。著名渋滞ポイントである花小金井四などは車線の狭さによってスループットが落ちていると思う。

 などなど考えていたら、あることに気付いた。拡幅すると言っている区間は多摩都市モノレール延伸検討に相当する区間だ。そして、新青梅街道線(東大和市〔上北台駅付近〕〜瑞穂町〔加藤塚交差点付近〕)の都市計画変更についてということで幅員30mに拡幅することに。

 モノレールの軌道を新たに建設するには幅30mの道が必要である。しかし、モノレールは決定段階ではないので、それを理由とした都市計画変更は出来ない。でも早めに都市計画変更をしておきたい。それで、拡幅する理由をでっち上げたのだと思われる。

 こういったもっともらしい文章を作ることが役人の仕事らしい。

Posted by rukihena at 23:39:54 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月19日

ACアダプタを忘れた!

 出先にノートPCのACアダプタを置いてきてしまった。

 電気が無ければタダの箱。たまにやらかしてしまう。もう2年も使っている電池は30分程度しか持たない。買わなきゃと思いつつ、新しいノートも欲しいし保留、ということで保留しっぱなし。

 そんな電池なので電源入れる気がしない。普段の作業も全部ノートなので、普段の作業ができないんですが!

 明日取りに行かなきゃな。面倒だな。でも都内に行く用事はあるので良かった。ACアダプタのためだけに出かけるのはご免だ。

 ところで明日は新宿の西口方面で待ち合わせになった。待ち合わせスポットはどこだろう・・・。と考えて、思わず「目?」と聞いたら「ん、じゃあ目で。」と答えてくれた。良かった。通じて。「でもそれ2つあるよね。右と左。」

 えっ!?

 今ググったら右しかなかった。左のようなものがあったらしいが、今はもう無い。

Posted by rukihena at 22:55:11 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月18日

オリンピック田無店の開店のナゾ

 オリンピック田無店の建物が出来てから数ヶ月経つが開店しない。何故だぁ? とみんな思うらしく、もっともらしいウワサが広まっていた。

http://blog.goo.ne.jp/344yuu/e/95d6430b0edaa2ae148590601f238db9
http://siesta.air-nifty.com/kunea/2005/03/post_1.html

 さらに妄想が膨らんだブログもある。

http://iorinx.exblog.jp/1860054/

 しかし、行政側の指導でこんな宙ぶらりんになるのはヘンである。出店のプロが計画して、規制のプロが許可したんだから、途中で「待った」は無いだろうと思う。建てられる/建てたれないのどっちかしかないだろう。

 と、思いつつも指摘して間違ってたらイヤだし、そもそもボクにはあまり関係ない話なので話題にしなかった。

 そんな中、東興通信の誌面で本社に問い合わせたという記事が掲載された。(WEB上にその記事が見つけられないのが残念。)

 記事によると、都も市も指導はしていないとのこと。市が本社に問い合わせたところ、「出店計画の見直しなど社内の事情から」ということ。東興通信が本社に問い合わせた結果も同様で、「商品構成などの販売戦略を見直して、6月中には開店できるようアルバイトの募集を始めたところ」とのこと。

 オリンピックのニュースリリースを見ると、下方修正とか配当減とか、悪いニュースが多い。田無店の計画時は強気の新規出店モードだったが、ここにきて弱気になったのだろう。

 オリンピック田無店の前の道は混むので通りたくない。事実、ボクはあまり通ったことが無い。徒歩・自転車の人は駅前のリビンに行くだろうし、車では近づきたくないという中途半端な立地ではある。

 一度、出店やめ! って思って譲渡先を探したものの、見つからず、仕方なく出店の方向で、とかそんな感じかな? 食品で行くか、非食品で行くかも悩みどころだろう。田無の食品スーパーはオーバーストア状態にある。非食品にする計画も一時は浮上したのではないかと思う。しかし、バイトの募集を見ると、食品で行くつもりらしい。

 と、いろいろ妄想してみる。

Posted by rukihena at 19:47:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月17日

激安レーザープリンタ Dell1700nが届いた

 先日注文した激安レーザープリンタ Dell 1700nが届いた。一昨日(日曜日)に、Dellのサイトで配送日を確認したところ、金曜日と出ていたので、不意打ちだ。いきなり送ってくんなよ。

 まあ、早くなったので良しとする。っていうか実はうれしい。

 箱から出してみると意外と大きいような小さいような、まあこんなもんかな。うん、こんなもんだ。カタログスペックの外形寸法や重さから実物のイメージを掴む訓練をしておかないと通販ライフは厳しいものとなる。

 ではここで、レビューなんぞを。カタログスペックだけでは読み取れない点を中心にお届けする。

 まず、なんだコリャ? と思ったのがトレイカバー(トイレカバーじゃないよ)。こうなっているところに

 トレイカバーを取り付けてこうなる。

 何をカバーしてるんですか??

 実は、トレイが少しのびて、こうなる。

 リーガルまたはフォリオサイズの用紙を使う場合に必要なものらしい。ってなんだそりゃ? 米国標準のレターサイズすら敗戦国日本では使用されないので、これは一生使わないだろう。米国企業Dellの良心から付属しているモノだと思うが、捨ててもかまわないと思う。しかし、ボクは取り付けた。プリンタ本体を壁に押し付けたときに電源ケーブルが圧迫されて「最悪の場合、火災になる恐れがあります。」という悲劇を回避するためだ。

 電源ケーブルが2本付属する。なんでだ!? と思って良く見たら、1本は3極プラグで、1本は普通の2極プラグだった。その代わり、3極→2極の変換プラグが同梱されてない。

 メモリ増設は側面パネルを開いて作業する。基板むき出し。ネットワークインターフェースもメイン基盤に乗っかっている。メインと思われるチップにはLexmarkのロゴが書いてある。そういえばLexmarkのOEMだったっけか。

 メモリは専用のモノを使う必要がある。普通のDIMMの2/3ぐらいのサイズだ。挿せたら挿してみようと思っていたが、無理だった。しかし、普通にビジネス文章とかエクセルの表とかを印刷する限り、増設の必要は無いと思われる。写真を出すならインクジェットを使うだろうし。1万円のメモリを買うぐらいなら1万円のインクジェットを買ったほうがマシだろう。


 A4普通紙専用のつもりで買ったので全然チェックしてなかったのだが、手ざしも印刷も可能である。後部のトレイのようなものを開けばほぼ直線で給排紙できるので、多少厚みのある紙もOKらしい。

 最後にまとめを書かなきゃいけないと思うのですが、可も無く不可も無く、普通のレーザープリンタだと思います。はい。他と違うのは激安な点だけか。とりあえず普通のレーザープリンタが欲しい、という方にオススメ。

Posted by rukihena at 23:59:04 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月16日

AdSenseの小切手をUFJで換金

 今日は久々に電車に乗った。前回はパスネットカードによると4月12日である。1ヶ月乗ってなかったか。都内に行くにもクルマに乗ってしまうダラけぶりで、体がなまりまくり。20分立ってるだけで疲れまくり。よろしくないな。

 都内に出たので、5月9日に送られてきたGoogle AdSenseの小切手をUFJに持っていった。常用している口座が新宿の支店にあるので、都内に出たときに換金しようと思っていた。

 まずは下のフロアの案内係に聞いてみる。
 「ドルの小切手を換金したいんですけど」
 「上に外国為替窓口がございますので、そちらだと思うんですけれども、えー、少々お待ちください。」
   −中の人に聞く−
   −中の人、電話で問い合わせ−
 「上に外国為替窓口がございますので、あちらのエレベータを上ってください」

 まあ、こんなもんだろう。でも、中の人同士の電話でも「換金」という言葉を使っていたのが気になる。「取立」って言わないのかな。客が聞いていることを考慮してそう言っているのか、単に用語を知らないので右から左に流しているだけなのか、定かでない。

 上に行くと、案内係はいない。とりあえず番号札をゲットしようと思うが、項目はどれだ? 「外貨両替」は違うな。そーゆーの6個あったけど、「その他外国為替」のボタンを押してみた。窓口に表示されている番号の次が印字されてきた。すぐかな。しかし、10分ぐらい待たされた。

 「この、ドルの小切手を換金したいんですけど」
 「この支店の口座はお持ちですか?」
 「はい(だから新宿に来たんだよ)」
 「ご印鑑はお持ちですか?」
 「はい(準備万端ですよ)」
 「1ヶ月ぐらいで着金になるかと思いますが」
 「はい(知ってるよ)」
 「手数料を現金で2600円いただくことになりますが」
 「はい(って現ナマ先払いかよ!)」

 「ではこちらの書類にご記入を」
   −お姉さんのご指導の元、記入していく−
 「こちらは相手の会社名、グー・・・、ジーオーオージーエルイー インク ですね」

 Googleの読み方を知らないようだ。

 言われるがままに記入していくと出来上がり。だが、項目多すぎ。面倒。そして支払って終わりかと思ったら、「そちらで御掛けになってお待ちください」 ってまだ待たされるのかよ!

 待っている間、男性行員と客(40代女性)が、「あら○○さん、ご無沙汰しております。」とか会話している。ご無沙汰なのに顔見知りかよ!? どうやったらそんな会話が出来る世界に入れるんだよ!? もう一人の客(60代女性)は、カウンターの中にいる男性行員に向かって「○○さん、ちょっとこっちにいらっしゃいよ。今日は渡す資料があって、」と、番号札システムを完全に無視した行動を普通にしてる。そして男性行員はちゃんとカウンターからこっちに出てくる。どうやったらそんな会話が出来る世界に入れるんだよ!?

 と、ブログに書くネタをありがとう、などと思っている間に事務処理完了。ボクは事務的にお釣りを貰って終了した。

 普段は行くことのない「銀行の上のフロア」を経験できたけど、やっぱ面倒ですよ、銀行で換金は。次回からはGet2Cashで換金しようと思う。

 ちょっとネタとして失敗したのが、入金口座を外貨普通預金にしたらどうなるのかというところ。外貨預金をしてみたことがあるので、既に口座は持っている。口座番号を書く欄で、外貨普通預金も選べるようになっている(当座と普通と外貨普通と外貨当座を選べる)。外貨預金なら手数料が違ったかな?とか、1ドル当たり1円のアレとかが無いのかな? とか、知りたかった。

 次回もUFJか?

Posted by rukihena at 23:58:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月15日

久々にすかいらーくガーデンズ

 久々にすかいらーくガーデンズに行った。

 すかいらーくガーデンズはすかいらーくグリルと同じ頃に出現し始めたような気がする。グリル業態はもう無いのかな。まあ、グリルは1度しか行ったことが無いからな。

 ガーデンズも縮小気味である。ここで初めて葉っぱで淹れた(ティーバッグじゃない)紅茶を飲んで感動したので残念である。なんか組織変更でジョナサンの下にぶら下がってるし。

 あと、ここのサラダピザが旨い。へんな組み合わせだが、旨い。すかいらーく系にはガストの「和風サラダうどん」のようにヘンチクリンだが妙に旨いものがある。おそらく材料は今あるもので、調理方法だけでメニューを増やすために日夜研究している人がいるのだと思う。頑張れ中の人。でも和風サラダうどんはメニューから消滅してないか? これも残念である。

 とかなんとかファミレスの話をするのは恥ずかしい。後輩のファミレス通信が頑張りすぎ。比較にならん。が、最近更新してないね。元気かな?

Posted by rukihena at 23:39:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月14日

東京都庁展望室初体験

 妻と妻の母と妻の妹と妻の長女と妻の長男とボクで食事。

 場所は新宿なのだが、ボクらが社会人になった頃に新宿高島屋がオープンしたので、その印象だけで高島屋へ。でもなんかもうボロイですね。当時は新宿デパート戦争の勝ち組だったけど、今は業績悪化で改装の予定ですか。そうですか。ボクもオヤジになるわけだ。

 妻のアフィリエイトの話をしていて、やっぱ検索エンジン対策ですよ、って話から、「検索語を調べたらダイイソシソ(実際は漢字です)が多いので何だっけって思ったら、妊娠中にエコー映像からの性別判断で医者が『タマみたいなのも見えるんだけどね。これは発達したダイイソシソだね うんうん』というページが引っかかってるらしいけど、それってアレ用語って知らなくて」という話になって、恥ずかしいからヤメろ!と思ったけど妻の母も妻の妹もその専門用語を知らなかった。

 妻の母のペイオフ対策の話で、死蔵口座キボンヌって話から、「あー、ボク、バイト先で『あおしん』に100円で作ったけど10年経ったから消滅しているかも」と言ったら、妻の妹が青ざめていた。10年で消滅することを知らなかったらしい。うんじゅうまんが消えたらしい。

 っていうかボクにもペイオフ対策させろ!!!


 その後都庁展望室へ。いまさら都庁展望室かよ、と思ったけど良く考えたらボクは行った事が無かった。

 で、都庁からの景色は(・∀・)イイ!! これがタダとは東京都は太っ腹! タダにするなんて勿体無いと思ったけど売店で稼いでいるっぽい。でも有料でも集客できるんじゃないかなぁ。地下駐車場も最初の1時間は30分150円(以降は30分250円)と立地の割にはリーズナボー。もっともっと商売上手になって財務体質を改善しろ! と思った。

Posted by rukihena at 23:21:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月13日

RHELクローンのCentOSをBitCometでダウソしたにょ

 RHELとは、RedHat Enterprise Linuxの略である。名前の通り、エンタープライズということなので、サーバー系のリナックスである。クライアント向けは Fedora Project に移管され、Fedora Core という名前になった。

 サーバ用途で使うには、Fedora Core は先進的というかむしろ動きが激しすぎなので、もうちょっと保守的なディストリビューションはないかな、というのが鯖管の思うところである。しかし RHELは高い。他のは「メジャー感」に欠ける。

 そんな中、RHELクローンの認知度が上がってきた。商標・ロゴなどを取り除いただけのクローン。違いはそれだけで、入手にかかる費用はタダ。セキュリティパッチなどのアップデートも無料で可能。最初に知ったのは Software Design誌で紹介されていた WhiteBox Linux である。が、最近はアップデートの速さで定評のある CentOS がメジャーのようだ。

 それで、CentOSをダウンロードしてみた。CD4枚組みで2Gほどの容量がある。

 この手の巨大ファイルのダウンロードでは BitTorrent が有名である。いわゆるP2Pなファイル配信プロトコルなのであるが、ダークさが薄い。匿名性などは無視して、とにかく著名ファイルを高速にダウンロードすることが目的のモノだ。人気のあるファイルほど高速にダウンロードできる、というコンセプトで作られている。

 これを実現するアプリであるが、純正モノは見た目がショボイ。いや、見たことないんですがね。そこで一番メジャーとされている BitComet を使った。

 それでダウンロードしたら、2MBytes/sec! 16Mbpsですか! 激早!! って思ったけど、理研のFTPから普通にダウンロードしてみたら普通に4MBytes/secでた。意味ねーよ!!

 尚、匿名性が無い割には、アレなファイルも流通しているようである。

 BitTorrent を知ったのも Software Designだったかな。会社を離れると業界に疎くなってしまうので、雑誌を読まないと世間から置いてかれてしまう。Software Designはボクの方向性にあっている記事が多いので重宝してます。




Posted by rukihena at 19:17:34 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月12日

激安レーザープリンタ・DELL 1700n購入

 現在使用しているプリンタは超キレイかつ超遅いことで定評のあるエプソンのインクジェット。複合機をリビングにおいて、旧機種を自室において使っている。しかし、普通紙にインクジェットで出力すると微妙に滲んでSOHO臭い資料になってしまう。やはりビジネス文章はレーザーに限る!と思ってレーザープリンタを購入した。

 購入した機種はDell 1700n

 期間限定(5/23まで)で 22,350円! ということで激安! ネットワークインターフェイスも標準装備でこれ以上何を求めるんですか! いや、上を見ればA3とか両面とか色々あるんですがね。昔はネットワークインターフェイスだけで3万円ぐらいしていたような気がするんですが!! トナーも3万円ぐらいの時代があったような気がするんですが!! それ全部含めて22,350円ですよ。(送料別途)


 インクジェット複合機のDell 922もいい。

 なにしろ、インクカートリッジ代ですか? と見間違えるほどの値段。思わず一緒に注文してしまいそうになったけど、既にEPSONの複合機を持っているので断念した。

Posted by rukihena at 22:04:48 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年5月11日

外環の下道で道に迷う

 東京外環自動車道の下道の国道298号を走ると、無機質な印象を受ける。防音壁に囲まれ、周りの様子が分からない。ただそれだけなのだが、何かが決定的に足りないと思っていた。それが何なのかは分からないのだが、とにかく何かが足りない。

 最近、イオン北戸田が出来た。外環から見えるのだが、行こうと思っても、どこで曲がっていけばたどり着けるのか分からない。そこで、足りないものに気付いた。民間の看板が無いのだ。

 通常の道なら、沿道に看板が乱立している。景観を損ねるとの批評もあるだろうが、初めて来た街ではそれが役に立つ。曲がるべきポイントに看板があれば、ドライバーの「迷い」を解消し、事故・渋滞の抑制にも繋がるであろう。

 しかし、298にはそれが一切無い。通常の地名の案内標識や交差点名などはもちろんあるし、駅とか学校とかの公共施設への矢印もある。みてむかついたのは、国土交通省○○事務所とかいうでっかい看板。これを建てるための費用は、経済効果に見合うのだろうか。しかし沿道のお店に行こうと思っても看板が無いので迷ってUターンして無駄に交通量をふやしてしまう。

 民間の広告を出せる仕組みを作れば、道路管理者(ここでは国土交通省)が儲かるし、広告を出した民間企業も儲かるし、ドライバーの「迷い」も解消されるし、いいことばかり。標識の乱立はかえって「迷い」を増加させる恐れもあるが、不透明な「審査」を設けて不透明にゴニョゴニョすれば体裁を保ちつつ腹黒く儲けて見た目すっきりできるかもしれない。

 ああ、今日も国土交通省の批判になってしまった。

Posted by rukihena at 23:04:15 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月10日

沖ノ鳥島は島か岩か

 沖ノ鳥島に住所看板を設置するそうな。

 排他的経済水域のために重要な島なのであるが、日本政府の主張は間違っていると思う。日本のエライ人は国連海洋法条約を読めないのであろうか。

 国連海洋法条約 第121条には次のようにかいてある。

第121条  島の制度

 1   島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、満潮時においても水面上にあるものをいう。
 2   3に定める場合を除くほか、島の領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚は、他の領土に適用されるこの条約の規定に従って決定される。
 3   人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。

 この文面を素直に解釈すると、無人島周辺には排他的経済水域を設定できないようである。日本政府の主張は「3」を無視しているのだろうか。でもハンコ押しちゃったんだから無視しちゃまずいよねぇ。

 竹島も無人島らしいので、竹島が日本のモノだ、ということになっても、排他的経済水域を設定できないんじゃないかとも思った。

Posted by rukihena at 23:49:24 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年5月 9日

うちの子に小切手

 「夕やけニャンニャン」はあまり見ていなかったが、「うちの子にかぎって…」は良く見ていた。そんな折、「『うちの子に小切手』だって、ブッヒャッヒャ」と、新聞のテレビ欄の夕ニャンのところを見て報告してきたのは姉だったと思う。でも、そのコーナーが何だったのかは記憶に無いので、見ていなかったと思う。しかし、「うちの子に小切手」というフレーズだけが印象に残っている。

 そんななか、Google AdSense で得た収入が小切手で送られてきた。「小切手」と聞くと、ボクのニューロンネットワーク内のシナプスが「うちの子に小切手」という引き出しを開けてきてしまう。そして、こんな写真を撮った。

うちの子に小切手

 ・・・オヤジギャグですね。

 この米国ドル小切手を換金するのは大変だ。日本の銀行では数千円の手数料がかかる。シティバンクなら無料だが、ここは口座維持手数料がかかる。そこで、アフィリエイターの間ではGet2Cashが人気の様子。小切手を郵送すると、後日指定の口座に入金される。

 ただ、メガバンクの中では手数料が安いといわれているUFJに口座を持っているので、一度そこで換金してみたいと思う。単にネタとして。次回からはGet2Cashで換金しようと思う。

Posted by rukihena at 18:57:10 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月 8日

デックス東京ビーチの台場小香港の中国ラーメン揚州商人

 黄金週間最終日はみんな家で休んでいるだろうとの予測の元にお台場へ。そして久しぶりにデックス東京ビーチに行った。子連れだと、となりのアクアシティに足が向いてしまいがち。トイザらスとかがあるし。だが今日はあえてデックスに行った。台場小香港とか台場一丁目商店街とか見てみたいゼ! ということで。

 実は台場小香港には以前にも一度行ったことがあったのだが、子供が「怖い」というのですぐ帰った。暗いところが嫌いらしい。ナンジャタウンとかもダメ。ピューロランドも同様に暗いが、キャラでなんとか平静を維持できている感じ。そんな暗がり嫌いの子供だったが今日はなんとか大丈夫だった。

 台場小香港はどの店も中華料理。どれを選べばいいんだ!? と悩んでいたところに回転飲茶を発見。回転寿司のベルトコンベヤに飲茶が乗ってる! しかも蒸し器に乗っかってるぞ!! ってことで入ろうと思ったが「テーブル席なら空いておりますが・・・」と。それじゃ回転飲茶の意味が無い!!

 次に食べ放題の店を発見。1680円だが、+ドリンク300円で客単価2000円!! 却下!!!

 次に見つけたのが中国ラーメン揚州商人某ブログで読んで近所だから行きたいと思っていたら、こんなところにも! ということで決定。

 105円〜という飲茶たくさんの看板が目に付く。しかし、105円なのは玉子だけ。200〜300円がメインか。400円ぐらいのもある。で店に入ってメニューを見るとラーメンとかチャーハンが600円〜900円ぐらいかよ! と思うものの、「飲茶も食べたいゾ」スイッチが入った状態なのでラーメンと飲茶を頼んで客単価1000円強コース! でもおいしいので許す!! 良く出来た店である。お冷はジャスミンティーなので、粗利の高いドリンク類を頼まずに済むのが良心的だと思う。

 ところで、中国ラーメン揚州商人のホームページはスバラシイ。トップに自己満足系のフラッシュが無い。しかし、クーポンチケットページに遷移する前にフラッシュを強制的に見せられる。トップのフラッシュは離脱率を高めてしまってダメなモノといわれているが、クーポンの前なら離脱率を抑えつつ自己満足系フラッシュを見せ付けることが出来る。いいアイデアだと思う。

 行きも帰りも首都高は空いてて快適だった。途中、東京プリンスの新館、パークタワーを見た。稼働率が低そうな感じだった。N社のロケットビルは全館閉館かと思うほど真っ暗だった。六本木ヒルズ森タワーは半分ぐらいの電気が点いてた。

Posted by rukihena at 23:43:53 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年5月 7日

車載ハンズフリー

 昨日書いたvodafoneの位置情報を記録するVアプリを使うぞ! と思って車載したらクルマで移動しているときの履歴が残らない! 何故だ!!

 良く考えたら、ケツのコネクタにつけるタイプのハンズフリー装置を繋げるとVアプリが終了してしまうからだった。ガーン。と失意の底にいるときに1980円のハンズフリー装置を見かけた。イヤホンジャックにつなげるタイプ。これなら終了しなくてイイかも!

 ということで購入して、イヤホンジャック(平型)に挿して見たら、Vアプリが終了した。ああ、そういやそうゆう仕様だったよな。J-SH53。

 いや、これを買ったのは京ぽんに移行する予定があるからなのだ。京ぽんを買った暁には使ってやるからな。それまで引き出しの奥で眠っていてくれ。

Posted by rukihena at 23:24:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月 6日

vodafoneの位置情報取得機能

 vodafoneには位置情報を取得する機能を持つ機種がある。だが、3Gでは対応してなかったりして、マイナーな機能に成り下がっているのだろうか。vodafoneが採用する3Gは W-CDMAで、これは時刻同期を必要としないタイプである。DoCoMoも同様(というか、vodafoneがDoCoMoのマネをしているというか)。一方、auは同期を必要とする。その同期のために、GPSを利用する。そのオマケで、位置情報サービスが充実している感じ。

 vodafoneの2Gは、基地局の緯度経度をわざわざ登録して、それを配信している感じ。位置の精度は基地局密度による。都会では1km単位ぐらいの精度は出ているのではないだろうか。田舎だと10kmを余裕で超える。


 そんな位置情報サービスのレア?な使い方を紹介する。

 vodafone には、「掲示板」という機能がある。名前からするとBBSのようなものを思い浮かべるが、ちょっと違う。簡単に説明すると、端末に「掲示」したい文字列を記憶させ、他人がそれを読み出すことが出来る、という機能だ。おそらく、この機能自体があまり知られていないと思う。その「掲示板」に、現在の位置情報を書いておく機能がある。端末によるかもしれないが、ボクが持っているJ-SH53では可能だ。位置情報の機能が使えるSHシリーズなら使えると思う。SH以外は使ったこと無いので知らない。

 これをの機能をイネーブルにしておくと、「いまどこサービス」に近いことが実現できる。vodafone同士でしか位置を認知できないが、家族割引などで「vodafone家族」になっているヒトには便利かも。

 もう一つ。Catching Vodafone Antennas というサイトがある。vodafoenユーザーが位置情報を提供しまくって、基地局マップを作ろうというモノ。近所の基地局設置密度とか分かって便利。

 最後にもう一つ。Vアプリで位置情報を取得できるので、その履歴を記録し続けたら面白いなぁと思っていた。頑張れば自分で作れるが、だれか同じコトを考えるヤツがいるだろうと思っていた。そしてやっと見つけた。それが場所録り(仮称)。やっと見つけたと思ったが、リリースから1年近くたっていたか・・・。頻繁に探していたつもりだったが、最近は探してなかったか・・・。

 どこかに行った時の滞在時間とか、移動時間とかは、今後の行動の最適化のためにも知っておきたいのだが、意外と何時に着いて、何時に腰を上げたか、とかは記憶していないものだ。それを勝手に記録してくれるってスバラシイと思わないか!えぇっ!!

Posted by rukihena at 18:23:40

2005年5月 5日

自動車税とか自動車保険とか

 この季節は出費が多い。自動車税の請求が来て、さらに自動車保険の更新がある。

 自動車税はグリーン税制が縮小して、税額が上がってしまった。のは去年だったかな。排ガスがきれいだったら減税しますよ、と言ったらメーカーが頑張りすぎて減税対象車だらけになってしまって税収が減るので、ものすごいキレイなのしか減税対象にならなくなってしまった。

 そもそも自動車税は「道路をまだまだ作らなきゃならんから」ということで、暫定税率じゃなかったかな。いや、それは自動車重量税のほうか。複雑で訳分からん。訳分からんが、税金ちゃんと払うから渋滞解消目指して頑張ってください>行政

 自動車保険はフィット購入を機にS損保にしていた。噂ベースでの評価では価格もそこそこ安く、対応もよいということだったのでS損保を選んだ。しかし、最近は貧乏なので最安値を選ぼうと思った。対応レベルがどうかわからないが、結局は会社によるものではなく、「担当者による」というのがいろんなサイトで調べた結論である。だったら最安値でいいじゃないかと思う。

 ということで、見積もりサイトで見積もって、個人情報をばらまきつつ、ダイレクトメールを大量に受け取りつつ、アクサが最安値という結論に至った。これはボクの場合そうだった、というだけで、条件次第では別の会社が安いこともあるだろう。個人情報をばらまきまくるが、まあ、個人情報保護法が施行されたことだし、大手なのでちゃんと管理されていると思う。それにそもそも個人情報なんてのは漏れまくりなわけで、いまさら漏れたところでマスゴミのようにガタガタ騒いでんじゃねぇとも思う。

 一度事故って等級が6に戻って高くなってしまったので、それから車両保険を付けてなかった。しかし、9等級になったいま、アクサに鞍替えしたら差額で車両保険(80万円)も付けられるぐらい安い。ということで車両も付けようかどうしようか悩み中。

 ということで、皆様も見積もりしてみましょう。↓

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!

 あ、そうそう、自動車保険にロードサービスが付いている場合があるので、JAFを解約できる可能性がある。それも頭に入れつつ選ぶと節約できるぞ!

Posted by rukihena at 23:46:28 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年5月 4日

ガソリン再値上げ

 5月からまたガソリンの卸価格が上がるというので4月30日にガソリンを入れたのだが、まだ値上げしていないスタンドも多いようである。書き入れ時のゴールデンウィーク中の値上げはペンディングしている様子。GW明けになると上がると思われるので、出かけた帰りには「疲れた」などと言わずにガソリンを入れてから帰ろう!

使って得する【出光カードまいどプラス】誕生!年会費永久無料!
■入会特別キャンペーン実施中!ガソリン割引など特典満載!!■


Posted by rukihena at 20:47:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月 3日

昭和記念公園

 昭和記念公園2度目。

 父が親戚を呼んで、35人ぐらい来た。多すぎ。

 ある夫婦が身に付けているモノがA社製品だらけだったので、聞いてみたらやはりA社関係者だった。世間は狭い。

 なぜか、姉の友達夫婦とバッタリ会った。世間は狭い。

 ある夫婦とウチ夫婦が、以前ららぽーとでバッタリ出会った話をされた。正直最近はそのネタしかない。もういいよ。でもネタが無い。ええ、世間は狭いですよ。

 晴れが続いたので地面が乾いている。砂ボコリがひどい。雨降って地固まったあとに行ったほうがいいかもしれない。

 でもまあ、久々に集まって楽しかったですよ。

Posted by rukihena at 23:04:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月 2日

ブックマーク(お気に入り)を使わない人

 昔、ブックマークに入っているサイトの充実度が、その人の「インターネット詳しい度」だった時代があった。ボクも充実させていた時代があったが、Googleが登場した頃から無闇にブックマークしなくなった。

 また、昔、IEのアドレスバーに著名な固有名詞を入れると、直接その単語にふさわしいサイトに移動した。しかしそれがいつのまにか使えなくなり、現在はMSNにリダイレクトされるようである。このサービスもブックマークしなくなったことの一つの要因だったのだが。

 しかし、JWordのプラグインを入れると、その機能が働くようである。これはふとしたことで意図せずインストールされてしまう。インターネットにはまりだした人のパソコンを見ると入っていることがある。どうして入れたのか聞いても、「え、なにそれ?」という答えが返ってくることが多い。ほとんどウィルスのようなソフトである。いつのまにか入っちゃってるパソコンはウィルスにも感染する可能性が高い。注意しましょう。

 Google には、"I'm Feeling Lucky" というボタンがある。これは検索結果を表示せず、「コレだ!」と思われるサイトに直接移動する。これも微妙に便利である。しかし、個人的にオススメしたいのは、Googleツールバー。IEのツールバーに検索窓が付き、いつでもGoogle様に「お願い」できる。そして、IEのアドレスバーに日本語を入れると "I'm Feeling Lucky"相当の移動をしてくれる。これは昔の使い勝手を再現してくれる機能だ。

 ちなみにホームページ(ブラウザを開いたときのデフォルトのページ)は My Yahoo! にしている。それで最新ニュースを知ったりとかしつつ、検索はGoogleツールバーで行う。

 Firefoxはどうなってるんだろうなと思ったら、日本語ドメイン名.com にアクセスしようとするっぽい。先進的過ぎて実用性が無い。これもプラグインでなんとかなるのかな? まあWindows使ってて、IE以外のブラウザを常用することは無いと思うのでどうでもいいが。

Posted by rukihena at 22:34:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年5月 1日

FastCopy VS Fire File Copy(FFC)

 高速コピーツールといえば Fire File Copy だった。しかし、FastCopy が Ver1.0になって注目されるようになった。

 FastCopy の作者は IP Messenger の作者でもある。IP Messenger の掲示板を見たことがあるが、ファイル転送の速度をチューニングしているときがあって、それはもうチューニングしまくりだった。そのノウハウが生かされているのではないかと思う。UNICODEのアレとかMAX_PATHのアレとかもキッチリ押さえているあたりが Windows に詳しい感じで信頼できそうな感じで好感度上昇な感じ。

 Fire File Copy の方が歴史があるが、作者が学習しながら一生懸命バージョンアップしている印象がある。FastCopy はその欠点を見抜いて全て織り込み済みで設計してエレガントな作りになってるんじゃないかと想像する。ソースを見たわけじゃないけど。

 FastCopy の ToDo には「ネットワーク対応(2つのPCに入れた fastcopy 同士で高速転送) 」というのがある。まさに IP Messenger のファイル転送の機能に近いものであり、SMBプロトコルでは実現できない高速コピーが実現されるのではないかと期待される。

 しかし、コピーの進捗表示が無いとか、GUI的にはFire File Copyに劣る。また、1.0からしばらく進んでないのも気になる。

 個人的には Win32API の CopyFileEx() とか MoveFileEx() とかを差し替えて、エクスプローラーを含む全てのアプリが行うコピー動作を高速化してくれる仕組みを望む。が、無理だろうなぁ。

Posted by rukihena at 23:28:18 | Comments [0]