2005年5月27日

続・webページプリント

 EPSONのプリンタを買ったときに、Web-To-Pageの話を書いた。今回、Dellのプリンタを買ったら、他社製プリンタなので使えない。何とかならないものか、と思って何とかして見た。

 まず、プリンタがEPSON製であると思わせればよいだろうと考えた。レジストリを適当にいじってみたところ、プリンタドライバ名の先頭をEPSONにすればよいらしい。具体的には以下のように変更する。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\Dell Laser Printer 1700n

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\EPSON Dell Laser Printer 1700n


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\Printer Driver

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n"


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\DsSpooler\driverName

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n

 この例は Dell 1700n の場合なので、実践する場合は適宜読み替えていただきたい。


 本格的にやるなら、EPSONチェックしている部分の分岐命令を無条件分岐に変えてしまうのがいいだろう。若ければやったかもしれないが、もう年なのでやらない。

 ところで、こういったベンダーチェックを見ると、昔 NECがEPSONの98互換機対策でプロテクトを掛け、それに対抗してEPSONがプロテクト解除ツールを配布していたことを思い出す。

 お約束だが、レジストリ変更は危険を伴う。自己責任で行うこと。また、Web-To-Pageはhttp://www.i-love-epson.co.jp/download2/readme/1.00/10642.htmlによると

【ご使用条件】

   エプソンプリンタをご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアを
   ご使用いただけます。

ということなので、そうしましょう。

Posted by rukihena at 19:33:53
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://weblog.rukihena.com/mt/mt-tb.cgi/90

コメント