2006年11月27日

バグ無しWILLCOM端末用CSID取得鯖

 最近プログラミング関係のネタが多いのですが、今日は特別濃いです。

 WILLCOMの基地局ID(CSID)を集めるのが一部で流行っています。

 やり方は主に2種類あって、一つはPC,PDAなどと繋いで AT@K20 コマンドで取得します。W-ZERO3 などでは便利な方法ですが、京ぽんにPCを繋いで・・・となると大掛かりになってしまいます。

 もう一つは京ぽん単体で取得するもの。好都合なことに、古い京ぽんではバグがあって、CSIDがダダ漏れなので取得しやすくなってます。

 バグが無い今の端末でも、プロキシをゴニョゴニョすることでCSIDを取得出来ちゃいます。

 詳しくは 電測スレなどを参照のこと。


 さて、ボクは京ぽん2を使っていて、プロキシをゴニョゴニョしているんですが、はっきり言って面倒くさい。電測するときと、フツーにネットサーフィン(死語)するときとで設定を変えなきゃいけないのは面倒。どうにかならねーものか。

 原理的にはプロキシを制限無くワールドワイドにアクセス可能なようにしてしまえば端末側で設定変更する手間が無くなる。だが、多くの電測erの方々のトラフィックを1台のプロキシでさばくのは無理があるだろう。そのためか、電測以外のサイトに接続しようとすると認証画面が出るようになっている。(おそらく、鯖を立てた本人だけは認証を通して楽しているものと思われる。)

 なんか抜け道無いかなぁ? と、いろいろとググって仕組みを調べてじっくり考えてみた。


 もしかして、DNSを騙して何とかなら無いかな?


 キモは loc.clubh.ne.jp である。やることは3つ。

・loc.clubh.ne.jp のフリをするウソ鯖をでっち上げる。
・loc.clubh.ne.jp を引いた時だけ、ウソ鯖のIPを答えるDNS鯖を立てる。
・端末のDNSサーバの設定に、ウソDNS鯖を指定する。

 幸いなことに、京ぽん2のダイヤルアップ設定の中にはDNSサーバを指定するところがある。

 コレを普段のネットサーフィン(死語)に常用されると、DNS鯖に負荷が掛かるわけだが、プロキシに比べたら屁の河童(死語)だろう。


 ホンモノの loc.clubh.ne.jp がやっていることは端末が送ってきたCSIDから緯度経度に変換することである。だが、ウソ鯖でそれをやるのは無理だ。知らないCSIDは 0.00.00.000 で返しちゃえ。ホンモノでもそうなる場合があるので、それが原因で端末側が暴走することは無い。たまたま知っているCSIDなら緯度経度を返してやろう。これで、自分の行動範囲(電測されている範囲)では地図サイトなども利用可能だ。

 もちろん、そのついでにCSIDを横取りする。

 CSID(HTTP_X_CS_INFO)の値の受け渡しをどうしようか悩んだが、http://location.request/dummy.cgi?my=〜 のパラメータに $HTTP_X_CS_INFO があったらそこを置き換えるようにしてみた。変ちくりんだけど、まあいいや。


 そして完成したのがコチラ

 当然、PCからでは正しく動作しないので注意。WILLCOMで試す場合は、DNSサーバに 61.197.193.30 を指定すること。

Posted by rukihena at 06:28:09 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年10月 4日

電話タダがけ

 ハッカーたる者、電話のタダがけぐらいはたしなんでなければならない。そっち方面の用語で「フリーカー」と呼ばれる。

 ボクは過去にちょっとだけフリーカーしてみたことがある。

 それは通信系のアプリを趣味で書いていた頃。デバッグでテストを1回するたびに10円かかってしまっては昼飯が食えなくなる。

 そこで思いついたのが、某国際電話会社の利用だ。当時、規制緩和で国際電話会社も国内通話に進出できるようになったという背景があったと思う。新電電3社に遅れての進出。何かインパクトのある料金体系にしなければならない。そこで1円単位の課金が考えられた。通常は数分で10円だが、某国際電話会社の「1円電話」は1円で数十秒話せるという課金単位だった。

 モデムでつながることが確認できればいいので、テスト1回あたり1円だ。こりゃいい。

 で、後日、金額2桁の請求が来た。

 新電電3社はあらかじめ契約が必要で、引き落とし口座の登録も必要だったと思う。しかし、某国際電話会社は契約せずに利用でき、請求はNTTに登録してある住所に郵送されてくる。

 請求書を送るだけで赤字と思われる。

 とりあえず無視してみた。

 催促の手紙が来た。さらに赤字が膨らんだと思われる。

 とりあえず無視してみた。

 最悪、コワイお兄さんがやってきて、金払えゴルァといわれたとしても、約款によると年14%の利息しか付かないはずである。そして、民事の時効が5年だっけか。

 5ヶ月ぐらい使えた。

 その後、引越してから1000円ぐらい使ってみた。

 多分、時効を迎えていると思うので、告白しました。

Posted by rukihena at 23:37:45 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年8月26日

携帯電話暗証番号解読機

 ケータイ盗難に注意…暗証番号解読機が出回る?

 携帯電話暗証番号解読機が裏社会では10万円で取引されているらしい。

 パソコンにつないで解読するシェアウェアは見たことがある。フリーでもあるかなぁ。なきゃ自分で作るか。

 小型ハードも、PICなどのマイクロコンピューターを使えばボクでも作れそうな予感である。っていうか作りたくなった。7セグLEDをダイナミック点灯で4つを光らせるから、制御線11本。それと携帯通信用の2本のI/Oがあれば外部回路は不要だな。ケースなどをケチれば1000円ぐらいで作れてしまうのではないだろうか。どんなに豪華に作っても3000円程度かな。

 でもそれを10万円で売るのはいかがなものか。カタギの世界に戻れなくなりそう。

Posted by rukihena at 23:09:57 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年5月27日

続・webページプリント

 EPSONのプリンタを買ったときに、Web-To-Pageの話を書いた。今回、Dellのプリンタを買ったら、他社製プリンタなので使えない。何とかならないものか、と思って何とかして見た。

 まず、プリンタがEPSON製であると思わせればよいだろうと考えた。レジストリを適当にいじってみたところ、プリンタドライバ名の先頭をEPSONにすればよいらしい。具体的には以下のように変更する。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\Dell Laser Printer 1700n

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Environments\Windows NT x86\Drivers\Version-3\EPSON Dell Laser Printer 1700n


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\Printer Driver

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n"


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers\Dell1700n\DsSpooler\driverName

"Dell Laser Printer 1700n"

"EPSON Dell Laser Printer 1700n

 この例は Dell 1700n の場合なので、実践する場合は適宜読み替えていただきたい。


 本格的にやるなら、EPSONチェックしている部分の分岐命令を無条件分岐に変えてしまうのがいいだろう。若ければやったかもしれないが、もう年なのでやらない。

 ところで、こういったベンダーチェックを見ると、昔 NECがEPSONの98互換機対策でプロテクトを掛け、それに対抗してEPSONがプロテクト解除ツールを配布していたことを思い出す。

 お約束だが、レジストリ変更は危険を伴う。自己責任で行うこと。また、Web-To-Pageはhttp://www.i-love-epson.co.jp/download2/readme/1.00/10642.htmlによると

【ご使用条件】

   エプソンプリンタをご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアを
   ご使用いただけます。

ということなので、そうしましょう。

Posted by rukihena at 19:33:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]